1万円以上のご注文で送料無料。30,000円以上代引き手数料無料

マイページ

製品の保障について

誠に恐れ入りますが、当店は2017年2月末日をもちまして、閉店とさせていただきます。
2010年以来、長らくご愛顧いただき、誠にありがとうございました。
※只今、新規のご注文は承っておりません。

 

Garmin英語版の初期設定&リセット後の再設定について

設定でGarminをもっと使いやすく!

Garminにはさまざまな設定項目がありますが、ここでは、最低限これだけは設定しておきたいという、当店オススメの初期設定を機種別にご紹介します。

通常、当店では出荷前に下記の設定を済ませてから出荷を行っていますが、Garmin本体をリセットして工場出荷時の設定に戻してしまった場合などは、設定をやり直してください。

↓機種を選択してください

eTrex 30/20/10

【eTrex30】
eTrex30英語版

【eTrex20】
eTrex30英語版

【eTrex10】
eTrex30英語版

MAP62S

【MAP62S】
MAP62S英語版

【MAP62Sc】
MAP62Sc英語版

Oregon

【Oregon450】
Oregon450英語版

【Oregon550】
Oregon550英語版

Dakota

【Dakota20】
Dakota20英語版

【Dakota10】
Dakota10英語版

eTrex 30/20/10のオススメ初期設定

まずメインメニューからSetupに入り、次に以下の設定を変更します。

System

■Satellite Systemを「GPS+GLONASS」に設定(節電したい場合は「GPS」のみ)
■WAAS/EGNOSを「On」に設定
■Battery Typeを利用する電池に設定(バッテリー残量表示に影響)

Display(重要) ※eTrex30/20のみ

■Colors(Mode and Setup)>Modeを「Day」に設定
※この設定をしないと、夜間は地図の背景が真っ黒になってしまいます。

Map(重要) ※eTrex30/20のみ

■Advanced Map Setup>Shaded Reliefを「Do Not Show」

この設定をしないと、地図画面が濃い緑色の背景となってしまい、
非常に見づらくなり、バックライトを点灯しても真っ暗のように見えてしまいます。

Track ※eTrex30/20のみ

■Colorで、見やすい色に変更します。
色はお好みですが、迷ったら、とりあえず赤色に設定してみましょう。

Units

メートル法、フィート法など、単位を設定します。
上から順に、
「Metric」「Meters(m/min)」「Meters」「Millibars」に
設定していくのがおすすめです。

Time

■Time Format:12時間表記か24時間表記かを決定します。
■Time Zone:時差の設定です。利用地域が日本なら「Tokyo」または「Automatic」とします。

さらに使い勝手をよくする設定

Page Sequence

「Add Page」を選び、ページ切り替えのbackキーで呼び出したい画面を
自分で組み込んでいきます。

「Map」
「Compass」
「Trip Computer」
「Elevation Plot」(eTrex30のみ)
「Satellite」など、
使用頻度の高いものを自分で選んで、お好みでセットします。

ここで選んだ機能は、メインメニューからわざわざ選んで呼び出すのではなく、
backキーを押すだけで呼び出せるようになります。

backキーで切替不要な画面は、「Remove」で切替対象外とできます。

メインメニューの並び順と表示/非表示の設定

メインメニューに戻った状態で、menuボタンを押します。

Change Item Orderを選択します。

メインメニュー一覧が表示されるので、項目を選んで「Move」で並び順を変更します。
使わない機能など、メニュー画面から消したい場合は「Remove」を選択します。
一度消した項目は、最下段の「Add Page」で表示を復活できます。

MAP62S/MAP62Scのオススメ初期設定

まずメインメニューからSetupに入り、次に以下の設定を変更します。

System

■Satellite Systemを「GPS+GLONASS」に設定(節電したい場合は「GPS」のみ)
■WAAS/EGNOSを「On」に設定
■Battery Typeを利用する電池に設定(バッテリー残量表示に影響)

Display(重要)

■Colors(Mode and Setup)>Modeを「Day」に設定
※この設定をしないと、夜間は地図の背景が真っ黒になってしまいます。

Map(重要)

■Advanced Map Setup>Shaded Reliefを「Do Not Show」

この設定をしないと、地図画面が濃い緑色の背景となってしまい、
非常に見づらくなり、バックライトを点灯しても真っ暗のように見えてしまいます。

Track

■Colorで、見やすい色に変更します。
色はお好みですが、迷ったら、とりあえず赤色に設定してみましょう。

Units

メートル法、フィート法など、単位を設定します。
上から順に、
「Metric」「Meters(m/min)」「Meters」「Millibars」に
設定していくのがおすすめです。

Time

■Time Format:12時間表記か24時間表記かを決定します。
■Time Zone:時差の設定です。利用地域が日本なら「Tokyo」または「Automatic」とします。

さらに使い勝手をよくする設定

Page Sequence

「Add Page」を選び、ページ切り替えのbackキーで呼び出したい画面を
自分で組み込んでいきます。

「Map」
「Compass」
「Trip Computer」
「Elevation Plot」
「Satellite」など、
使用頻度の高いものを自分で選んで、お好みでセットします。

ここで選んだ機能は、メインメニューからわざわざ選んで呼び出すのではなく、
pageキーを押すだけで呼び出せるようになります。

pageキーで切替不要な画面は、「Remove」で切替対象外とできます。

メインメニューの並び順と表示/非表示の設定

メインメニューに戻った状態で、menuボタンを押します。

Change Item Orderを選択します。

メインメニュー一覧が表示されるので、項目を選んで「Move」で並び順を変更します。
使わない機能など、メニュー画面から消したい場合は「Remove」を選択します。
一度消した項目は、最下段の「Add Page」で表示を復活できます。

Oregon、Dakotaのオススメ初期設定

まずメインメニューからSetupに入り、次に以下の設定を変更します。

System

■WAAS/EGNOSを「On」に設定
■Battery Typeを利用する電池に設定(バッテリー残量表示に影響)

Map(重要)

■Advanced Map Setup>Shaded Reliefを「Do Not Show」

この設定をしないと、地図画面が濃い緑色の背景となってしまい、
非常に見づらくなり、バックライトを点灯しても真っ暗のように見えてしまいます。

Track

■Colorで、見やすい色に変更します。
色はお好みですが、迷ったら、とりあえず赤色に設定してみましょう。

Units

メートル法、フィート法など、単位を設定します。
上から順に、
「Metric」「Meters(m/min)」「Meters」「Millibars」に
設定していくのがおすすめです。

Time

■Time Format:12時間表記か24時間表記かを決定します。
■Time Zone:時差の設定です。利用地域が日本なら「Tokyo」または「Automatic」とします。

さらに使い勝手をよくする設定

Main Menu

Setup>Main Menuを選択します。

ボタン移動画面に切り替わったら、場所を動かしたいボタンを選択し、
表示場所を入れ替えたい移動先を選びます。

ボタンを選択し、ゴミ箱マークを選ぶと、
メインメニューからボタン表示を消せます。
(消したボタンを選んで+マークを選ぶと、ボタン表示が復活します)